離婚?!自分をかえること!

こんにちは。
ずいぶんお久しぶりになってしまいました。

障害者年金の申請をした時だからぁ・・
3月??!!
ホントお元気でしたか?


毎日が嵐のようで
前の日奥さんが、
「夜中出て行った」「リストカットした」「暴れた」
なんていっても
翌日、調子がいいと
昨夜の大騒ぎがずいぶん昔のように感じてしまうんです。

これって慣れ??怖いですね。




色々ありました。
わたしはお互いよくわかりあっている気がしていたけど
お互いお互いを想うあまり
遠慮して言えなかったことが多くあることにわかりました。



奥さんは、わたしのいい加減さを
ずっと我慢して
わたしを傷つけると考え

うつ病や解離性同一性障害が
悪化している現状の一番の原因は わたしにあり


それが解決しない限り病気がよくならないということに
目を伏せて心にしまいこんでいました。




わたしは、奥さんが病気になってからも
ついつい奥さんに依存してしまい
やっぱり奥さんに頼って甘えてしまっていたのです。


わたしが変わらないことに
奥さんはホントに疲れてしまったようで
一時期は「話したくない=声がでない」になってしまったり
離婚を強く望んでいるようでした。


しかし、奥さんはありがたいことに
わたしにそれを伝えなくてはいけないと話してくれたのです。



甘えすぎていること
自分で決められないこと
今がよければ良いと先を考えないこと
相手の身になって考えていないこと



もちろんわたし自身は奥さんの身になって考えているつもりでした。
奥さんが辛ければ
寝ていればいいと思ったし、
食事の準備だって洗濯や掃除だってしなくていいと思っていました。





でも、奥さんはいいました。
『もし、私のことを本当に思ってくれるなら
どうして先に
[しんどい?しんどいなら勝手にあるもの食べるからいいよ]って言ってくれないの?

じ~っとTV見て座ってられたら寝ていられない。
自分でやらなきゃって思うでしょ。
いつもあなたはそう。
誰に対しても相手の気持ちをくんで先に訪ねてあげるって優しさがないのよ!』






たしかにそうでした。
わたしは、自分から話しかけるのがあまり得意ではありませんでした。
わたしは、相手の立場になっていない。
と、いうか誰かにあまり興味をもてないのです、きっと。
欠陥です。
そう、わたしが唯一であった時から興味をもった人間が
奥さんだったのです。







何度も何度も話し合って
[離婚]は絶対嫌でした。

ひとりでは何もできず
外にも出られず、
病院にだって一緒についていかなくてはならない奥さんと離れていくなんて。
それよりなにより

情けないけど
嫌われても、一緒にいてほしいと思ったのです。






でも・・そんな勝手すぎる。
こんなわたしにずっとつきあって病状が悪くなるのでは
あまりにも我儘すぎる・・・
そう思って、それなら両親もまじえて話し合おうといいました。



そうしたら奥さんはこう話してくれました。
『私は、あなたにあって子供のころの話をきいた時
この人も私と同じく辛い思いをいっぱいしたんだなと思ったの。



私は、虐待や言葉の暴力から自分の心を守るため
解離して別人格をつくったりしてしまったけど


この人は、物事を深読みしない
相手の心を深く考えない
物事を表面しかみないようにする
そうすることで自分を心を守ってきたんだろうなって思ったの。



方向性は違うけど
また同じようにこの人も傷ついてきたんだろうって』





そうかもしれない・・
父や母から愛情をうけた記憶がない。
私を唯一可愛がってくれたのは、姉だけでした。




『私は病気で、何もできない。
私がよくなるには物事の考え方を 繰り返してしまう悪いパターンを
すこしづつ修正していかなくてはいけないって言われたでしょ。

すごく難しいくてまだ全然わからないっていうか
意味も理解できない。
だから、あなたも一緒に
あなた自身の悪い物事の考え方、行動を修正していこうよ。

これからは遠慮しないで
こんなこと・・って思えることも口に出して、話し合おうよ。

私は、その日に、ううん、
その時間によって感情も考え方も気持ちさえも変わってしまうけど
こんな私でも良かったら
あなた自身が、かわろうと思ってくれるなら
もう一度だけ一緒に頑張っていきたい。』




ありがとう・・よかったぁ。
と、いっても安心してはいられません。
わたしは、かわっていかなくてはならないのです。
でも、どうやってかわっていったらいいのか・・・


ちょうどこの話し合いがあるまえに
懇意にさせていただいている
区議さんと奥さんとお食事を一緒にさせていただいたところでした。
そのとき『認知療法』という

今まで無意識に認知して行動してしまい繰り返し陥ってしまう
悪いパターンを修正していく
という療法についてお話を伺ったところでした。





これだ!!と思った私は
早速、医学知識もまったくない基礎から教えて下さるスクールを探し
カウンセラー・認知療法士の資格取得をすることにきめました。



奥さんは、少し意地悪そうに笑顔でいわれちゃいました。
続けられるのぉ?
休みの日にかようんでしょ?単位とれんの?
またいつもみたいに疲れるからやめたとかいうんじゃないのぉ?』




「今度は絶対やる!
自分を変える為
●●ちゃん(奥さん)の病気が少しでも良くなる為に頑張る。
それに自分で決めたことだから。」





『自分だけで考えて
自分だけで決断したの初めてだね。
頑張って。応援してるからね。』




初めてか・・・情けない・・
でも、頑張ります。
来週、教えて下さる先生が奥さんのことを話したら
受講が始まる前にお時間を作ってくださり
お話をさせていただくことができそうです。

受講がスタートするのは少し先なのですが
また、報告します。
情けない話ばかりで
ホントすいませんでした・・



・・・最後までお読み頂き、ホントにホントに
ありがとうございます。・・・m(_ _*)m





毎日がお得いっぱい通販ショップ【はっぴぃらいふ】

やっと障害者年金の申請書類を受け取ってもらえました

こんにちは。
おとといになりますが
障害者年金の申請をしてしてまいりました。


最初に申請したのが昨年の8月。

却下されて
初診の病院の書類がもらえなくて
年金事務所にいっても
「提出しても同じ結果だから」と受け取ってもらえず



諦めそうになって
うまくいかないその度に、
自傷行為・自殺未遂を繰り返す奥さんの姿をみて




「今やっていることは本当に彼女の為になっているのだろうか・・」
自問自答の毎日でした。






ところが助けて下さる方が
ワタシたちの話を別の方にしてくださって
どんどん助けて下さる方の輪が大きく広がって
知らないところで
助けて頂き、
長くはかかりましたが


絶対無理!!
と思っていた初診病院の書類さえ




ワタシたちの思いが
ひとり、ひとりと
病院に伝わるまでにたくさんの方の思いに膨らんで
病院に届き
書類を作成していただくことができました。






本当に奇跡のような瞬間でした。






改めて人の優しさや

思いの強さや

誰もが独りでは生きているのではないということを感じ

言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。







現在のクリニックでの診断書が結構てこづってしまい。
(かなり細かいから、作成もご苦労だれたのだと思います)


翌日には・・といわれていたのが
結局、2週間かかり
さらに受け取ってからも
不備があって、その日に訂正してもらうのに3回ほど。






病院の帰りだったこともあって
奥さんを連れて歩いていたのですが
(ひとりで外を出歩くことができないので、 家にかえることもできなかったので)



きっと前の日からあまりの緊張で眠れず
ずいぶん歩かされ
不安がずっと続いていたせいか
年金事務所で書類を受け取ってもらえた時に


「申請できたよ」
といった時には意味が理解でいなかったみたいです。






家に戻ってずいぶんしてから
『もう書類は提出したんだぁ。』なんて言ってました。

『まだ、不備があってまた行くんだって思ってた。』って。




申請するまではそれで不安でしたが
今度は結果がどうなるか・・
奥さんは緊張して過ごしています。





でも、申請できないかも・・
そんな不安から比べたらずっと楽な気がします。
ちょっと楽天的なきもしますが


あんなに苦労した書類がそろい
申請できたのだから
結果の心配には少し待ってもらって
今は、申請できた安堵感にひたりたい気分です。





もし、これから申請する方がいらっしゃるなら

とにかく1回の申請で結果をだせるように

準備に時間をかけることをオススメします。







早く申請したいと思われるでしょうが
最初の1回につまづくと
その結果をひっくりかえすのは容易ではありません。
(目の前が真っ暗になります)


ちょっとした書類の不備や
書類の不足が
決定に大きくかかわってしまうのです。





また、「この人なら、私より詳しいだろう」は禁物です。

普段日常的に、仕事で携わっている専門家でない限り

病院の先生・年金事務所の窓口の人でさえ

障害者年金の知識については人によってずいぶん差があるのが現実です。


(最初に提出した時は、実際は書類がたりなかったのですが
 受け取ってもらえちゃいましたから。
 でも、年金事務所の人も色々な書類を受け取っているのですから
 分野ごとに知識が違うのは当然なきがします。)






専門家に頼むならともかく、ワタシたちのように個人でおこなうのなら

色々と情報を調べ

無料相談を活用したり

年金事務所の窓口に何度もいくなりして

知識の豊富な人にであったら仲良くなって色々相談したり。

とにかく、申請までの準備をととのえてください。






でも、もし申請を家族ではなく

ご自身でしなくてはならないようなら

誰か手助けをしてくれる方がまわりにいないか、探してみてください。

ご病気を患いながらの申請はとても大変ですし

悪化させてしまう結果になってしまうかもしれません。






今回の結果はどれくらいかかるかなぁ・・
結果を楽しく待てるくらいになればいいだけどなぁ。
そうもいかないでしょうね。^^







申請はどうしても

勝ち負けや

諦める、諦めないという方向になってしまうんです。

それが苦しめるんですよね。







だから「頑張ってください。」とも

「諦めちゃダメです」とも

ワタシは、とてもいえません。







でも、世の中そんなに捨てたもんじゃないですよ。

奇跡だってあるし

そんなにみんな無関心なひとばかりではありません。

助けを求めたら

手をかしてくれるひとのほうが圧倒的に多いとおもいます。






結局、毎回同じになっちゃいますが

だから・・生きてくださいね。

とにかく今日を、明日を生きてください。

それが、何より大切です。






・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




毎日がお得いっぱい通販ショップ【はっぴぃらいふ】

諦めるって?続ける・・??方向転換??

すごいお久しぶりです。
みなさん元気で過ごされていますでしょうか?

ワタシはとにかく仕事が忙しく
夜帰れなかったり
休みがとれないような毎日です。<(; ̄ ・ ̄)=3

そうなると、やはり奥さんの体調も比例してよくありません。
夜帰らないと
心細いらしく、玄関でじっと待っていたり
帰りが遅いとなかなか話ができず
疲れて眠ってしまうと
リストカットをしてる・・
そんな感じです。





2月は特にひどかったですね。
そう、障害者手帳は無事届いたのですが
障害者年金のほうは真夏に申請。
初診日がはっきりせず、却下の決定がきたのが真冬でした。


奥さんの場合、
体調が悪いと内科を受診、「ストレスですね」といわれるだけで
現在のメンタルクリニックを受診する前は
心療内科を受診し、
病名がはっきりいわれたのはその大学病院ひとつだけでした。
(仕事の都合上、治療を中止しなくてはならなかったのですが)






ずいぶん前のことで、診察券や領収書などもみつからず
会社に提出した診断書が残っていないか
自分で思いつく、できる限りのことをやり
多くの人にアドバイスや手助けもいただきました。



そして、なんとか記憶には少しづれがありましたが
都のデータや病院のデータに
その病院に
奥さんの受診記録をみつけることができたのです。



でも、データはあっても15年以上も前のこと。
【診断書】【初診証明・受診状況等証明書】は書いてもらえず
何度もお願いしてもらえたのは
病院の印入りの【受診状況等証明書が添付出来ない理由書】でした。





何度も年金機構事務所には
何度も来所しているおかげで
すっかり仲良しの窓口のお姉さんができてしまい
色々教えてもらっているのですが
お姉さんいわく
この書類では不服申し立てをしても難しいとのことでした。




障害者年金を受給するためには
初診日がはっきりしていないとダメなんです。

いくらその病院を受診していたことがわかっても
そのたった1日の初診日が確定できなければ、いけないのです。






「今度こそは・・」
期待をかけて、やっぱりうまくいかない・・
そんな時が何度も続くと、
ワタシでさえしんどいのですが
奥さんはさらに苦痛を感じます。



それでも、まわりのみんなに
「諦めずにがんばりましょう!!」といわれるたび

「まわりが頑張ってくれているのに私が辞めるとはいえない・・」
と、頑張ってくれていたようです。





ひどくリストカットした日、奥さんはいいました。
「私が辞めます、とはいえない状況になってしまった。
でも、本当にうまくいかなくて
そのたびにみなさんに申し訳ない。

だけど、今やっていることがとても負担で苦しくて
これを続けないといけないのか 私にはわからないの。

諦めるって何?
方向転換っていうのはないの?」






まわりはそれが一番いいことのように思って動き始めて
いつのまにかそれに突き進むあまり
本人の気持ちをおきざりにしてしまっていたのでしょうか?

「諦める・・」そうですよねぇ。
見方をかえるっていうのも選択できたはずなのにね。

とても複雑な心境です。(w_-;







「もう辞めようか・・」
そんな思いで最後にもう一度と、病院にお願いしたら
なんと、【初診証明・受診状況等証明書】
書いていただくことができたのです!!

「えっつ?!ホント?w(゚o゚*)w」って感じで、実際
書類をみるまで「嘘かも」なんて思ってたくらいです。





年金機構事務所のお姉さんに確認すると
【初診証明・受診状況等証明書】があるなら
不服申立ではなく
(却下なので審査もされていない状況だし、
 結局、不服申請期間の60日は過ぎてしまったので)
事後重症扱いで新規で申請しましょうということになりました。



現在は、通院中のメンタルクリニックに診断書を依頼中です。
今年になって、
体調を崩して昨年7月以来あうことができなかった担当医から
やっと、新しい担当医師が決まったとこで
先生も診断書の作成には時間がかかっているようです。



今度はうまくいきそう????
また、4ヶ月くらいは待つんでしょうね。(;^_^A



何がいい・・なんて
結局、時間がたってみないとわからない。
本当にこれでいいのか、
進んでいっていいのか不安に思うことも多いですが
今は進むしかありませんからね。



でも、障害者年金は、
自分で働いて年金を収めていたからこそ受給できるんだから
諦めずに申請する権利はあると思いますよ。^^


とくに今は受給審査が厳しいみたいだから
ご苦労している人は多いと思います。



でも、何があっても
「生き続けて」ください。


何をやっても、生き続けなければ
すべてがゼロになってしまうんですから。


【頭が真っ白°。゜(# ̄ ▽. ̄#)】
【何もしたくない・・】

そんな時期があったっていいじゃないですか。

きっとまた動きだしたくなる時がきますよ。≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ








・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




毎日がお得いっぱい通販ショップ【はっぴぃらいふ】

体が冷えると心も凍えるんです

寒いですね。
朝から東京でも雪・・寒いはずです。

体が冷えるとなんだか心まで凍えてしまいそうな気がします。




最近、奥さんの調子もよくありません。
と、いっても騒いだり
暴れたりといった風ではありません。

ただじっと・・
現状に耐え忍んでいるといった感じです。



チンチラくんやウサくんの
食事やお掃除をメモしたり
ゴミの日をメモしたり
この支払は何日かなんてのをメモしたりしています。

自分の叫びを
ただただ紙に延々と書いてみたり
みんなへの思いやメッセージを書いてみたりしています。




何か気がまぎれることをしてみたら・・
そうまわりは思いがちですが
何も考えないように
何も思わないように日々を過ごしているそうです。


病院やまわりのススメもあり
昨年の8月ころから
色々な申請をしているのですが
なかなか本人が安心できるような結果はでず
詳しい方に書類を託している状況です。




「待つ」ということは、それだけでしんどいコトですが
いつまでともわからない結論を待つコトは
普通の状態でもかなりの負担ですよね。




奥さんは、6月ころから10㎏も痩せ
今にもワタシのところから
離れて行ってしまうのではないかと心配になるほどです。





数日前、ついうたた寝をしてしまい
気が付いたら家の中に奥さんがいない!!
いつもは少しの物音でも気にしているはずなのに・・


慌ててマンションの廊下に飛び出してみたら
廊下で奥さんが眠って・・倒れていました。

体はすっかり冷たくなって
正直、ワタシのもとから逝ってしまった・・
そんな風に思ったのですが
起こしてみると息をしていました。よかったぁ・・


急いで部屋に運んで体を温めると目をあけて

『自殺はいけないと思った。
 だから、外で寝ていただけ、もしそれで死んでも
 自殺じゃないと思ったから。』
 なんで・・
 

奥さんは、自分が目の前にいるから
ワタシが苦しくても辛くても
一緒にいるんだと思っているんです。


だから、自分さえいなくなれば、
最初は悲しくても、
ワタシがすぐに新しい家族を作って幸せになれると思いこんでいるんです。



そして、こんな風にもいいます。
『ずっと、ずっとあなたと新しい家族を守ってあげるからね』



バカですね・・
わかってないです!!


新しい家族なんていらないんです!
彼女がいなくなったら、幸せになんてなれないんです。



時々、人は
【自分は●●に迷惑をかけてる、だから自分がいなくなれば・・】
なんていう思いに囚われてしまうコトがあります。
でもこれって、相手への裏切りに等しい。悲しすぎます!!


少しでも元気になってほしい
一緒に生きていきたいと
頑張って支えている相手に失礼というものです。


【自分がいなくなれば・・】
考えるなら、どうかそんな悲しい考え方はしないでください。
と、いっても前向きに考えられるなら
なんとも簡単で、心の病気なんてなくなるかもしれないですよね。


病気の奥さんと一緒にいるワタシはこう考えます。
一緒にいないほうがいいなら
誰になんといわれても離れていきます!(だって毎日のコトですから)



奥さんにいつも【ここが居場所なんだよ】

そういってるワタシですが
本当はワタシにとってのやっとみつけた居場所がココなのです。
だから、勝手な判断で
【ワタシの居場所】を奪わないでほしい。




ココロが凍えてしまうような寒い夜には
ワタシは、ハチミツ入りホットミルク
奥さんは、生姜入りホットココアを飲んでから
布団にはいります。

朝までポカポカ
体が温まればきっと心もほぐれていくはずです。

今日のような寒い日は
体から温めて
心の奥までしっかり温まってください。





あ~、ホント寒い・・





・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




24色+5柄!!着るブランケット(毛布)【NuKME(ヌックミィ)通販】

心や思いに区切りなんてないから・・

新年、あけましておめでとうございます。



新しい年の始まりはどうでしたか?

のんびり・・
あわただしく・・
楽しく・・
どんな風にすごされたでしょうか?


我が家は、本当に日常と同じ・・
同じように過ごすように心がけました。


奥さん的には「節目」「新しいスタート」という
響きはあまり楽しく感じられず
逆に悲しくなるようでした。





新しいことにワクワク・・ではなく
新しい年がまた、
辛いパニック発作やうつと向き合わなくてはならない不安や
昨年、ずっと家にいて何もできなかった・・と
思うととても不安定になりました。




沢山きていた年賀状も一切みず
『見たら、目につかないところにしまってね。』って
いわれました。

年賀状をざっとみてわかる範囲で
「今、ちょっと体調がわるくて年賀状かけなくてごめんね」
メールをしておきました。

年賀状もかけないくらいってどんなだろう・・って
思ってるかもしれませんね。
逆に心配かけちゃうかなぁ。
また、何かいわれてから考えるかぁ。



本当に普段と変わらずにすごしていたせいか
奥さんがこんなことをいってました。




『1月になったからって
何かが大きく変化するわけじゃないもんね。


2011年が終わったからって

【目標が達成できなかった】とか

【新しく何かしなきゃいけない】なんてことないんだよね。


12月も1月も私には月が替わっただけ。
かわらず、同じように
できることを頑張っていくね。』




そうですね。
普段は1年とか1か月とか1週間とか
区切りや時間の流れがあったほうが便利だし
目標もたてやすい・・

でも、人の心や思いに区切りなんて
つけられないですもんね。
時間の区切りなんてその人その人違っていいはず
その人自身できめていけばいいんですよね。




とはいえ・・
2012年は始まってますから、

みなさんにとって2012年がよい年になるように願っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。





・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




24色+5柄!!着るブランケット(毛布)【NuKME(ヌックミィ)通販】

よいおとしを・・

こんにちは。
2011年もあと何時間となってしまいました。

本当に日本中で色々、考えさせられる1年でした。
結局、1年最後の日になって



家族、みんなが変わらず元気だったこと・・
それが1番の幸せだと思っています。





新しい年も、みなさん元気で過ごせますように。

そして今年1年、ありがとうございました。(人∀`●)

また、来年もよろしくお願いします。(゚0゚)(。_。)




毎年、大みそか・お正月は
奥さんの実家で過ごすのですが
今年は奥さんの体調を考えて自宅で過ごします。

だから、お正月といっても特に普段と変わらず・・
というか、
普段と変えずに過ごそうと思います。


楽しい年末・年始を過ごしてください。









・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




24色+5柄!!着るブランケット(毛布)【NuKME(ヌックミィ)通販】


「大切なことは目に見えないんだよ。」だそうです・・

こんにちは。
あっというまに2011年も
1週間を切ってしまいましたね。

ウサの写真を撮って年賀状にしたのが
もう1年前なのか・・
時の速さに驚いてしまいます。




クリスマスはどんな風にすごされましたか?

「クリスマスなんて関係ない!!」なんていう方も多いでしょうが
この時期しかでまわらない
ケーキやチキンなど
【特別メニューを食べる日!】
なんて認定してみるのも、いいかもしれませんよね。


世間も25日より
イヴの24日のほうが盛り上がっているようですが
我が家もそんな感じです。

と、いっても理由が少し・・だいぶ違うかなぁ?
12月24日は入籍記念日なのです。




クリスマスイヴが入籍っていうと少し恥ずかしいんですが
結婚までワタシが糖尿病で働けない時期があったり
入院や
周りの反対が多く
実際に夫婦になるまで
(病院とかでは奥さんってことになってましたけど)
長くかかったので奥さんが選んだ12月24日にしました。

(ちなみに式は家族だけでしたが、ディズニーリゾートの
 アンバサダーホテルでした。
 『ミニーを呼ぶ!!』っていうので)


本当にいろいろ今まであって
さらに去年からは
メンタルクリニックに通い始め
日本が大変な年ではありましたが

ワタシ自身も大変な1年でした。(比べて申し訳ないです・・)
だから、今年の入籍記念日は
いつも以上に
「あ、今年も一緒に祝うことができた・・(★>U<★)」
嬉しさ&安堵感がありました。


入籍記念日は
チンチラ、ウサ・・・
家族みんなで家で祝うことが奥さんの中のきまり。
今年も、いつもと同じように
頑張ってケーキや
ローストビーフなどを作ってくれましたが

やはりいつもと同じようにはテキパキいかなかったらしく
ワタシが仕事から戻った時は
ぐったりして
『頭イタイ。気持ち悪い・・(。´-д-)』なんていってました。


そんな奥さんが、手紙をくれました。

封筒には
『何度も書き直しちゃった。でも一生懸命書きました。(*'-'*)』
と書いてありました。



手紙にはたくさんの『入籍記念日おめでとう ヽ(〃'▽'〃)ノ』

『ありがとう (人´∀`o)』のメッセージが書いてありました。


その中で大好きな【星の王子さま】
一文を引用してこんなメッセージがありました。





『キツネは王子さまにいいました。

 心でなくちゃ物事は見えないってことさ。
 大切なことは目に見えないんだよ。


 キツネのその1言で王子さまは、自分にとって
 何が一番大切だったのかみつけることができました。
 
 でも、私は王子さまより少し早めに
 大切なものを見つけることができたみたいです。
 私って超ラッキー!! ヾ(≧∇≦*)/ じゃない?』



もちろんいつもと同じく号泣です・・'゜(*/□\*) '゜゚゚





ここ1週間ほど、奥さんはとても精神不安定な状況で
突然、吐き気や下痢が続いたり
あげくは、色白の顔が
お岩さんのように真っ赤に晴れ上がり
顔はシワシワになってしまい

『私、おばあちゃんみたいになっちゃった・・
 もう絶対外にでれないよ。 |||||(_ _。)|||||||』
なんて。

そのせいか、ワタシにもとても攻撃的で
何かというと暴れたり
怒鳴ったりしていたんですよね。




だから、そんな嬉しい手紙をもらえるなんて
想像もしていなかったんです。





現在の担当医がとうとう体調不良で辞めることになり
(ま、7月からあえてないんですけどね)
来年からはカウンセリングの先生と相談しながら
新しい担当医を決めることになります。

カウンセリングの先生が
奥さんにあうだろうという先生が3人ほどいらして
1人はもうお会いしているんですが
あと2人の方にお会いして
奥さんがいいと思える先生にきまると思います。


担当医がかわるっていうのは不安ですよね。
特に、精神的なものだから
ふつうより相性が大きくかかわってくるでしょうし・・




考えることは沢山ですが、奥さんは
『心配ごとはクリスマス休暇中だよぉ。☆~(ゝ。∂)♪ ♪』なんていってました。

今日には休暇あけでかえってくるのか・・はぁ・・ε-(;ーωーA



クリスマスイブは
大切な絆を毎年、確認できる日です。

来年も、なくさないように大切にしていきたいと思います。



大事な人の手は、けして離しちゃだめですヨ!!

大切な絆って奴は、
とても大切なくせに
普段は
【そこにあるのが、あたりまえのような顔】

をしてるんですから。


ワタシも、ずっとこれからも
大切な絆
守るために頑張っていきます!!○(・`ω´・)○








・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・m(_ _*)m




24色+5柄!!着るブランケット(毛布)【NuKME(ヌックミィ)通販】