ココロの病気のきっかけは1つでも、鍵が外れたら、過去の辛さにも苦しめられてしまうのかも。

こんにちは。
今日も暑いですね・・ι(´Д`υ)
とにかく1日でも早く、この猛暑が落ち着いてくれればと願っています。





最近、というか前からかな・・
夜、深夜になると奥さんの体調が悪くなります。

一時期、薬ですぐ寝れるようになって
外にでていったり
(と、行っても実際の外は怖いらしく
 マンションの敷地からでることはあまりありません。)
自傷行為もおさまっていたのですが


『眠れないんです』
といってもらった薬も効かず
寝れずに、また落ち着いていた行為が始まっています。





とにかく深夜なので
ワタシが眠っていて気づかず
大変なことにならないかが一番の心配です。





ココロの病気をもった人
その人を見守る家族。

その日々の辛さは
実際にその症状をまじかにしなければ
きっとわからないかもしれません。




いいえ、その状況をまじかにしても

「何を苦しんでいるのか」

「何をしてあげられるのか」


そして、彼女の問いかけに

「何を言ってあげてたらいいのか」

さえわからないのです。




それは、病気の本人も同じで

『どうしてこうなってしまったのか』

『どうして感情がコントロールできないのか』

『どうして前のように生活できなくなってしまったのか』

『どうしたら良くなれるのか』


自分に投げかけているのだと思います。


投げかけて
考えて、そして答えがどうしてもわからずに
辛く、苦しんでいるのだと思います。




ココロの病気になった時は
たった1つのちょとしたキッカケなのかもしれません。




でも、ココロの鍵が緩んで
その扉が開いてしまったら

必死で押さえてきた今までの感情が
後から、後から
扉から出てきて

その勢いは
もう自分の力では抑え込んで
閉めることができなくなってしまうのかなって気がします。





忘れていた(忘れようとしていた)過去が
どんどん溢れてくるんだから
きっととても辛いでしょうね。


でも、どんなに過去と戦っても
過去はかえられないし
断ち切ってしまえたらどんなに
楽だろう思えるようなことも
実際は、自分の中でやっぱり必要な絆だったりします。
(両親とか、兄弟とか、親戚とか)



今の奥さんは
自分の過去の辛い記憶に
がっちり押さえつけられているようにみえます。
過去の関係と(虐待とか)
現在進行形の関係が
入り混じって
過去の怖かった思いや、悲しかった気持が
止まらないみたいです。




扉が開いたキッカケは1つだったかもしれません。
でも、そのうち
何が原因で、
何をどうしたらいいのかわからなくなってしまうのかもしれません。






昨日、夜中目を覚ましたら
玄関に置き手紙がありました。

今までのお礼と
もう迷惑はかけられないという思いと
一緒にいれたことが楽しかったこと
そして、チンチラ・ウサのことを頼みますという言葉。

慌てて飛び出して
深夜探しにでたら、
マンションの近くの真っ暗な中で
ひとり震えながら座っているのが見えました。



無事でいてくれてよかった。

生きていてくれてありがとう・・・



その思いだけで、涙がとまりませんでした。


今の状態が大変といわれば
けして楽ではありません。
でも、彼女がいてくれて
前と同じ奥さんでなくてもいいんです。


前とは違うかもしれないけど
少しづつ心穏やかな毎日が
おくれるようになってくれればいいと思っています。


その経過を一緒に過ごしていきたいし
もし、こんな状況が続いたとしても(そうは思ってませんけどね)
一緒に過ごしていきたいと思っています。


楽しい話しでなくてすいません。
また、宜しかったらおつきあい下さい。


・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・<(_ _*)>




かたつむりエキス80%配合クリーム!エリシーナ・プラス通販