辛い気持を・・「わかってるよ」より「わかりたいんだ」と伝え続けたい

こんにちは。
最近の奥さんは、薬もきちんとのんでるし
メンタルクリニックも1カ月に1回になり
(「病院に行く」ってことがストレスに感じているようなので
 回数が少ない方がきっといいんでしょう)
以前より少しは落ち着いているかのようにみえます。




少し前までは
夜になるとはだしで
外に飛び出していったりすることがあったのですが
今はそれはなくなりました。






ただ、自傷行為については
良くなっていない・・悪くなっているのかもしれません。



前はグーで自分の顔を殴ったり
たたいたりしていたのですが
最近はそれはほとんどなくなりましたが


カミソリやカッターで体に傷をつける行為は
酷くなっているように思います。


最初の頃は
躊躇もあったようですが
最近は、傷をつけることに躊躇がなくなってしまったようで


傷つけてカッターを隠しては
また別のカッターで傷つける。
また隠しては
またどこからか見つけてきては傷つけるの繰り返しです。


一体、何本うちにはカッターがあるんだぁ・・!!


っていうくらい
次から次からカッターがでてきます。






毎回、傷をつけるので
範囲が広がり、いつも腕が腫れあがっています。


そのたびに薬を塗って
包帯をまくのですが
いつの間にかとってしまいます。
(痒くもなるみたいだし)





何が正しいのかは全然わかりません。

最初の頃は、怒ったりしましたが
最近は
「どうして切ったの?切ったら痛いでしょ。」と
傷つけてしまう今の奥さんの姿も
また、ひとつの姿なのだと受け入れるようにしました。

それが、いいかどうかはわかりません・・





でも、人間ひとりのことをすっかり理解することは無理だし
「辛いことわかってるよ。」より

「わからない・・だけど、わかりたい」って
ほうがお互い楽なのかなっておもいます。


「わかってる」って思うと
どうしてそんあことするのか理解できないって苦しくなって
その感情を本当に辛いはずの相手にぶつけてしまいたくなる。

また相手だって
「気持ちをわかってない。信じられない。」って
心を閉ざしてしまうような気がします。



だから、今は
「本当に理解はできてないかもしれないけど
 少しでも気持ちを理解したいとおもってる。」って
伝えていくようにしています。







自分自身が糖尿病でずっと入院していた時
仕事がなくなって
家をおいだされてしまい途方にくれていた時
特に目標もなくその日暮らしで生きていたワタシを
いつも腕をひっぱって
人前では後ろからそっと支えてきた彼女だから



今度はどんなに時間がかかっても
見守っていきたいと思っています。










でも・・
同じような思いで苦しんでいる方
同じく支えようとしている方・・
簡単ではないですよねぇ。







でも、目標がない
前に進めないと苦しむより
「現状維持」って思ってがんばりましょう。


毎日、毎日
現状維持ができているならば
何年か後には
「あの頃より少しよくなってる・・」っておもえるんじゃないでしょうか。


たとえ周りには「変わってない」って言われても
自分が(見守ってくれている誰かが)

少し、ほんの少しでもよくなっているところが
みつけられたらそれでOKなんではないでしょうか。


社会の比較なんか気にしない。
自分の尺度で進んでいけばいいと思うんですよ。






なんか少し格好のいいこといってしまいました。
ごめんなさい。


とにかく今日も気楽に頑張ります。



そうそう奥さんの好きなネタが
FUJIWARAの原西さんの「生きる!!」なんです。


【毎日、生きる】ってことが大切ですよね。
そして、【毎日、生きている】ってことは
一番すごい事だと思います。





・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・<(_ _*)>


>>>>すべてのシワ・タルミに悩む方に!
24金パワーが弾力のある肌へ!【ゴールドスキンリバースパック】