パニック症状の日記をつけ始めました

こんにちは。
先週、メンタルクリニックにいってから
奥さんの様子は少し安定してきているようです。


やっぱり日によっては
だるくて動けない時や
感情的になったり
ものすごく気持ちがダウンしている時もありますが
以前よりはパニックになることも少なく
とてもいいようにみえます。


ただ、人にあったり
話したりするのは
とても不安に感じるようです。




買い物や病院など
自分で心の準備をして外に出る時はまだいいようですが
電話や宅配便などの訪問や
突然外で話しかけられたりすると
体が緊張して強張って
やはり不安になってしまうみたい。





最近、そんな日々の様子を
すこしづつでも日記をつけることにしました。



どうしても病院で先生と話す時の奥さんは
気をはっているようで
しっかりみせようとしているみたい。
だから、普段の悪い状況を伝えきれていないような気がしていたし
忘れてしまうんですよね。

そこで、それならメモしておこうって!!
今度はそれをみながら
先生に相談すればもっと状況をわかってもらえるかなって考えました。




それにその日記は
奥さんが冷静な時にみながら
パニック症状になっている時のことを
一緒に話したりすることにしています。



奥さんは「どうしてそうなったのかな・・」って
考えを整理して
ワタシ自身はその時の奥さんの気持ちや
辛さを少しでも理解できればいいなぁと思ってます。




医学的なことなどはわかりませんが
彼女のパニック障害は慢性的なものらしいので
長く上手につきあっていけるように
ずっと一緒に考えていければって思います。
ま、奥さんが一緒にいるのが嫌にならなければですけどね。






・・・最後までお読み頂き、ありがとうございます。・・・<(_ _*)>





~毎日お得がいっぱい通販ショップ~はっぴぃらいふ

2010年バレンタインスイーツ特集